フラット35の魅力|フラット35の気になる金利の推移【便利なネットキャッシングを利用しよう】

フラット35の金利は?推移と想定して住宅ローンを組もう

他社の住宅ローンとフラット35の違い

民間ローン

住宅を購入する時や、リフォームの時に使うことができます。年ごとに金利が推移することもあるため、先を見つつ計画を立てる必要があります。住宅ローンの借り換えに対応しておりネット銀行を活用すれば、手数料は0円です。繰り上げ返済に関しては、1円から可能なので便利でしょう。

フラット35

一部だけリフォームをする際に適用されませんが、保証人が必要ないところは面倒がなくていいでしょう。住宅ローンの借り換えも対応可ですし、審査も民間ローンに比べて緩いと言われています。最長35年、推移せず固定金利にて返済可能で、しかも借り入れをする際の条件も明確なので、借りる側はとても安心です。

選ばれる理由は沢山ある

比較を見てもわかるとおり、フラット35は民間ローンに比べて面倒が少なく借りやすいということがわかります。では審査基準と金利はどうなっているのでしょう。今後の参考にしてくださいね。

フラット35の魅力

お金

年収は400万円以上

フラット35に申し込みできる人は70歳未満で、年収が400万円ある人です。ちなみに、夫婦と合わせて400万円でも可ですし、その方が返済能力があるとみなされ、審査に通る可能性が強まります。さらにフラット35の場合は、融資の対象となる物件が基準と法律に適しているかどうかを見るので、借りる人の返済能力を一番に見る民間ローンとは視点がちょっと異なります。

高くなることはない

基本的に、フラット35は金利の推移がないので高くなったり安くなったりなどがありません。その点では、返済計画が狂わずとてもいいといえるでしょう。とはいえ、時間の経過で金利が安くなる住宅ローンもあるので、それを期待するならもう少し検討した方が良さそうですね。

広告募集中